脳梗塞を予防して健康を保つ~きちんと病院で検査をしよう~

病棟

血液循環をよくしよう

看護師

脳梗塞は一度発症してしまうと大変恐ろしい症状でもありますが、防ぐ手段は数多く存在します。その中でも食事制限がまず手始めに行え、また効果的です。しっかりと継続性を持ち行い続けていくことが病を防ぐ一歩と言えます。

» 詳細を読む

脳の血管がつまったら

病棟

脳梗塞は脳の血管が動脈硬化によって塞がる病気です。原因は飲酒や喫煙、運動不足などがあげられますので、まずこれらの点を改善して、青魚や食物繊維、大豆などを中心に摂るようにしましょう。この病気は突然発病し、後遺症が出ることもありますので、普段から予防に努めて動脈硬化を防ぐことが大事です。

» 詳細を読む

食事とドックが必要です

女性

脳梗塞は、高血圧や高脂血の人ほど発症リスクが高まるため、減塩・低脂質の食事を心がけることで予防ができます。しかし、それでも脳梗塞を発症する場合もあるため、脳ドックを受けに行くことも予防として必要になります。

» 詳細を読む

人気の宿泊型の脳ドック

先生

リスクを確かめます

高齢化社会の到来とともに、最近は脳梗塞を発症する人が増加するようになっています。以前までであれば、同じ脳血管障害でも、脳出血を起こす人が多い傾向がありました。しかし、医学の発達や生活習慣の変化もありまして、脳梗塞が多くなるようになったのです。そうした脳梗塞は、いったん発症すると、片麻痺などの後遺症が問題になることが特徴になります。そのため脳梗塞は、いかに予防するかが大きな課題になってきたのです。その点で脳ドックは、問診や血液検査や画像検査を行って、それを神経内科医などが評価します。そうしたことから脳ドックは、脳梗塞のリスクを確かめることができるのです。リスクが分かれば、それに対処できますので、脳梗塞を予防することにも繋がるのです。

宿泊型が人気です

そうした脳ドックは、医療機関がたくさん存在する都市部では、たくさん実施されています。そのため都市部で生活する人は、通院であっても脳ドックを受けることが十分可能です。これに対して地方になると、都市部よりも脳ドックを行っている医療機関が少なくなります。しかし、地方に生活している人にとっても、脳ドックが重要であることは、共通していることです。そうした地方に生活している人に人気なのが、宿泊型の脳ドックを受けることです。宿泊型であれば、時間に余裕をもって受けることが可能ですし、前日からの管理も可能になります。脳ドックでは、血液検査も行いますので、食事の管理をすることも必要になることがあるのです。また、高齢化はまだ進んでいるので、より人気が高まるようになっています。

Copyright© 2016 脳梗塞を予防して健康を保つ~きちんと病院で検査をしよう~ All Rights Reserved.